リニューアルについて知ってほしいこと
About Renewal

エレベーターライフサイクル

稼働後、20~25年でのリニューアルをおすすめします。

定期的なメンテナンスをしていても、経年劣化によってエレベーターは性能限界を迎えます。また、標準的な部品供給期間はメーカーとして当該機種生産終了後20年を目安としています。ほとんどのお客さまが、主要装置平均耐用年数の20年目から、計画耐用年数の25年の間にリニューアルの検討を始めています。

エレベーター耐用年数とリニューアルの必要性

実は、エレベーターにも寿命があります。

適切な維持・管理とメンテナンスをしていても、エレベーター設置時から年月が経つと、どうしても劣化や摩耗など保全上の問題が出てきてしまいます。また個々の部品は定期的な予防保守とともに交換していますが、全体システムの性能限界時期が過ぎた場合は、リニューアルが必要となります。

エレベーターライフサイクル ※社団法人日本エレベータ協会の資料を参考にしています。

エレベーターも設備リニューアルの対象です。

建物のリニューアルといえば、外壁や電気、空調などの設備に偏りがちです。
エレベーターにも耐用年数があり、共有設備として更新を考える必要があります。

建築物の構成要素の耐用年数について

「建築物のLC評価用データ集」((社)建築・設備維持保全推進協会 BELCA)より作成

リニューアルするには、理由があります。

ご利用のエレベーターの不満を解消し、最新の機能へレベルアップさせるのがリニューアルの目的です。

リニューアル後の運営

  • 取り換え部品の心配がなくなる
  • 故障が少なくなる
  • 乗り心地が良くなる
  • エレベーターがきれいになる
円グラフ

リニューアル後の運営

  • 取り換え部品の心配がなくなる
  • 故障が少なくなる
  • 乗り心地が良くなる
  • エレベーターがきれいになる

4タイプのリニューアルプランをご用意

弊社ではお客様のニーズにより、4つのタイプのリニューアル案をご用意しております。
経済性・デザイン性に優れた最新機器を短工期・低価格のオリジナルプランでご提案。より快適で安全性の高いエレベーター空間を創造します。

準撤去リニューアル

新安全基準リニューアルに加え、かご室を交換し構成部材の大半が入れ替わります。新設エレベーターに近い状態に生まれ変わります。

新安全基準リニューアル

新しい安全基準に適合するリニューアルです。人身事故・地震に強い安全対策を施します。

制御・巻上機リニューアル

制御機器に加え巻上機も取り替えます。インバーター制御によるなめらかな乗り心地と省エネを実現します。

制御・油圧リニューアル

機械室の制御盤・油圧機器・かご室操作盤・乗場操作機能面のリフレッシュです。油圧機構を残す為、工期も短くコストも抑えられます。